lessthanpandaさんの作成まとめ - NAVER まとめ

なんでハッピーターンすぐ湿気ってしまうん…?その理由と解決法
日本人なら一度は食べたことがあるでしょう、銘菓「ハッピーターン」。でもアレ、すぐに湿気ってしまいますよね。湿気ると全然美味しくないし…。ハッピーターンがすぐに湿気ってしまう理由と、その解決方法についてまとめました。
バリオス=マンゴレ 知られざる鬼才ギタリストの数奇な人生
“ギターの神様”アンドレス・セゴビアをも恐れさせた、南米の先住民族をルーツに持つ驚異のギタリスト/作曲家「アグスティン・バリオス=マンゴレ」。セゴビアの妨害によって一度はギター史から忘れかけられるも、現在では数多くのギタリストが彼の作品集を発表するなど再評価されている真の天才音楽家。
辺野古埋め立てで話題…「サンゴ礁」保護が必要な理由
沖縄県で進められている辺野古埋め立てに関して、安倍首相がサンゴの移植についてテレビで事実と異なる発言をし批判を浴びています。タレントや海外著名人のサンゴ礁保護の発言も度々話題になるなど、注目度の高いこの問題。なぜ、サンゴ礁を守る必要があるのでしょうか?
「君が代」にも登場する“さざれ石”──日本全国の奇妙な石の正体
“さざれ石の巌となりて”…日本国歌「君が代」の一節ですが、この「さざれ石」とは一体どんな石なのでしょうか?神霊の宿る石とも言われている「さざれ石」について調べました。
年末年始に「GMOクラウド」大規模ストレージ障害…多数サービスに影響か
クラウド型ストレージ「GMOクラウド」で年末12月29日から大規模障害が断続的に発生。利用するサービスが軒並み停止し、年末年始に阿鼻叫喚の事態となっています。
南米ボリビアで話題沸騰!常識破りのヤバい日本人バンド『ワイラハポナンデス』
現地で話題沸騰、日本人にとって馴染み深いJ-POPやアニソンの名曲を和楽器や南米の民族楽器でアレンジし演奏するバンド「Wayra JaponAndes(ワイラ・ハポナンデス)」。百聞は一見にしかず。まずは衝撃の映像をご覧いただきたい。
天性の歌声、奇跡の歌手。モニカ・サルマーゾが魅力的すぎる!
世界最高峰の歌手といわれる、ブラジルの歌姫モニカ・サルマーゾ。派手さはなくとも、不思議な魅力を湛えた彼女の歌声に虜になる人が続出しているようです。
日本人の多くが勘違い!?「X’masは間違い」は間違いだった
街中で「X'mas」という文字を見かけると、「そのアポストロフィは日本人だけの間違いだ!」と思う人も多いのではないでしょうか。でもよくよく調べてみると、広く流布されている「X'masという表記は間違い」自体が間違いだったようです。Oh、なんてことだ…。
村上春樹が描く“生と性と死”の物語『ノルウェイの森』、ついに電子書籍化!
この物語は、人生の中で何かを失ってしまった人へ──。2018年(平成30年)も暮れかけた頃、日本が誇る小説家、村上春樹の代表作である『ノルウェイの森』が電子書籍として各プラットフォームで配信開始されました。
男はいずれ、いなくなる!? Y染色体の危機と単為生殖という可能性
男性という性を決定付ける性染色体「Y染色体」が徐々に小さくなっており、いずれ消失してしまうのでは…そんな懸念が囁かれています。男性がいなくなってしまったら、人類は絶滅するのでしょうか。それとも…
PayPay100億円キャンペーンの狂騒と加速するキャッシュレス社会
ソフトバンク&Yahooが仕掛ける新サービス(ペイペイ)の前代未聞の「100億円あげちゃう」キャンペーンが話題です。LINE Payや楽天ペイなど群雄割拠のキャッシュレス決済市場で覇権を獲るのは…?来年10月に控える消費税増税にも絡むため、いよいよ日本社会もキャッシュレス化が促進するかも。
安倍首相「汚染水は完全にブロック」発言に疑問の声広がる
安倍総理がIOC総会での2020年東京五輪招致のためのプレゼンにて、「汚染水は福島原発湾内の0.3平方キロメートル内でブロックしています」と発言。大きな波紋を呼んでいます。
誰もが思い当たる!? 記憶に関する7つの雑学
人体の神秘に驚かされる。記憶のメカニズムに関する7つの科学と雑学についてまとめました。
これは凄い…知る人ぞ知る「ジャズハーモニカ」のディープな世界
ジャズの第一線で活躍する彼らの演奏は、ハーモニカという楽器でイメージされる音を軽々と超えてきます。ジャズで演奏される特殊なハーモニカと、現代最高峰のプレイヤーたちを紹介。
不思議な美しさを湛えたギンガの音楽が素晴らしすぎる!
個性的な音楽家だらけのブラジル音楽界のなかでも、一際異彩を放つギンガ(Guinga)という作曲家/ギタリストのまとめ。これぞ真のプロフェッショナル!音楽ファンなら一度は聴いてみてください♪
マジ勘弁…。Twitterにも続々報告、増加する悪質クレームと対処法
サービス業などで客からの悪質なクレームに悩むケースが増加しているようです。こうした行為は「カスタマー・ハラスメント」と呼ばれ、厚生労働省も解決に向け指針の策定に着手。Twitterに寄せられた事例を交え、まとめました。
【人体のミステリー】知ってた?「鼻の穴」が2つある理由
目は立体的にものを視るため、そして耳は立体的に音を聴くために、左右2つずつ顔にくっついています。でも「鼻の穴」が2つある理由は、意外と知られていません。
中国の科学者、人類のタブー破る…ゲノム編集ベビー誕生に非難殺到
中国で人類初の「デザイナーベビー」が誕生したと発表され、世界的に注目を浴びています。ゲノム編集はタブーなのか、それとも医療の革新なのか…。多くの非難が寄せられる中、当の科学者本人はある種の確信を持っているようです。
世界に100以上!? 文明を拒み続ける「未接触部族」
世界には文明との接触を拒み続ける、100以上の「未接触部族」が存在していると言われています。アマゾンのマシコ・ピロ族、インド洋のセンチネル族といった代表的な未接触部族の紹介と、度々問題提起される彼らとの付き合い方について.。
なごむ…w「インドカレー屋の店員さん」エピソードが面白すぎ!
インドカレー屋という異空間で生まれた数々の面白エピソードをまとめました。
人生の後悔が胸に突き刺さる…『#ペンチメント』がTwitterで話題
ペンチメントとは「後悔」の意。誰の人生にも、あの時こうすればよかった…があるはず。Twitterに寄せられたみんなの行き場のない後悔──『ペンチメント』が、深く胸に突き刺さります。
なんか特別で高級そうだけど…『三元豚』の知っておきたい実態
スーパーや飲食店で豚肉でよく見かける「三元豚」とかいうやつ。わざわざ書いてあるくらいだから、特別な豚肉なのかな!?
2018年間ベストアルバムも!活況極める新世代JAZZ おすすめ4選
「ストリートファイター」大好き、かつてプロゲーマーを夢見た少年カマシ・ワシントンが、ジャズサックス奏者として2018年の年間ベストアルバム(英MOJO誌)を射止めました。活況を極める現在進行形の"JAZZ"シーンをご紹介します。
人間関係の悩みを解決。忘れがちなコミュニケーション『4つの段階』
職場の悩みでもっとも多いのが"コミュニケーション"に関するもの。なぜあなたの想いは伝わらないのでしょうか。忘れがちなコミュニケーションの4ステップについて、まとめてみました。
理義字(りぎじ)─不思議な漢字が織りなす芸術の世界
同じ漢字が2つ、3つと集まって構成された漢字を「理義字」と言います。不思議な漢字の世界へ。
秋の夜長に。ガットギターが似合う4つの素敵な音楽ジャンル
日本で「ギター」というと、エレキギターかフォークギター(スティール弦=鉄弦)をイメージする方が多いと思いますが…、今回はあまりスポットのあたらない「ガットギター」で奏でられる、素敵な音楽ジャンルを紹介します。
なぜ報道されない?安倍首相も属する極右団体『日本会議』が政治を牛耳ってる
知らぬは国民ばかり?──閣僚の4分の3が所属し、日本の政治を牛耳る右派団体「日本会議」の存在は、国内のマスメディアでは殆ど報道されないためにその存在も一般的に知られてはいません。海外メディアが「極右」認定し、危機感を募らせる「日本会議」についてまとめます。
【悲報】疑惑のバーゲンセール!? 第四次安倍改造内閣のスゴい面々
10月2日に発足した第四次安倍改造内閣の面々がいよいよ凄いことになってきました。数々の不祥事がありながらも要職に復職・就任した面々をまとめました。
仲間を食べる為だけの存在『共食いモルフ』がホラーすぎると話題
カエルやサンショウウオなどの幼生、つまりオタマジャクシには、『共食いモルフ』と言われる増えすぎた個体を調整するためだけに生まれてくる特殊な個体がいるという…。こんなB級ホラーめいた話がTwitterで広まっています。
数字の「9」はタブー!? 国会傍聴の奇妙なルールが物議
女優の紫野明日香さんが、「9」と書かれたシャツやバッグを身につけて国会傍聴に行こうとしたところ、係員に拒否されたことが話題となっています。
なんだこれ!? 聞いたこともない発音をもつ「コイサン語族」の動画が凄い
言葉の中に舌打ちのような音が混ざっている!?聞いたこともない豊かな発音を持つ「コイサン語族」。世界で話されているあらゆる言葉のルーツともいわれる、この興味深い言語についてまとめました。
日本代表、「時間稼ぎ」でW杯決勝T進出! 祝福と同時に批判の声も
サムライブルー、素晴らしく露骨な時間稼ぎ戦術で決勝トーナメント進出!おめでとうございます!!
小学生専用ではもったいない!ピアニカの楽器としての実力
誰もが幼稚園~小学生で一度は取り組んだことがあるピアニカ(鍵盤ハーモニカ)。実はプロの演奏家も居るほど表現力に優れた楽器なんです。
和服と琴で世界を魅了!筝奏者「みやざきみえこ」の活躍が凄い
なぜか国内ではほとんど話題になりませんが、和服と琴(筝)で世界的に活躍する日本人女性ミュージシャン「みやざきみえこ(Mieko Miyazaki)」。海外のトップミュージシャンとの共演も多数。映像音源紹介とともに、彼女の魅力をまとめます。
大自然の驚異。禁じられた島『スルツェイ島』50年の軌跡
1963年にアイスランドの南沖に突如出現した「スルツェイ島(Surtsey)」。この島は生まれたばかりの火山島にどのように生態系が築かれるのかを確かめるため、人間の上陸は厳しく規制されています。誕生から50年以上が過ぎたスルツェイの現在の姿は──。